妊娠中に必要なセルフケア

BIRTH

妊娠中は、様々な身体の変化に伴い頭痛や腰痛などの不調が起きやすくなります。

また、出産に向けて身体を作っていく大切な時期でもあります。

今回は、安産のためのトレーニングやセルフケアについてご紹介します。

安産のためのトレーニング

安産のためのトレーニングその1 「歩く」

妊娠中はどうしても、運動不足から筋力が落ちたり、大きくなるお腹に伴って姿勢が変わり、身体の一部だけ使いすぎたりと、筋力のバランスが崩れてしまいます。

つまり、骨盤がゆがんだ状態になります。

だからといって、妊娠中に激しい運動をすることは出来ませんし、マタニティヨガやスイミングなどをするには、時間やお金がかかります。

そこで、最も簡単で、手軽な方法として「歩くこと」をお勧めします。

「歩くだけでいいの?」と思うかもしれませんが、歩くことはとても有効です。しかも、買い物などのついでに歩くことでも運動になるので効率的ですよね。

いつも車で移動している方は、近所のコンビニくらいは歩いていくように意識するだけでも良いと思います。

いつもよりちょっと多めに歩いてみる。

そんな風に意識して、実践することが運動不足の解消につながります。

また、歩くことにより、基礎体力が維持できるので、産後の育児にも良い影響が期待できます。

安産のためのトレーニングその2「スクワット」

出産の痛みを「鼻からスイカが出てくるような痛み」などという言葉を聞いたことがあると思います。

これだけの痛みが伴うという事は、身体に対してとても負担がかかり、非常に体力を使うという事になります。

今から60年ほど前の時代は、平均で6人くらいは出産をしていた時代です。

私の祖父は10人兄弟でした。

今の時代では、大家族と呼ばれてしまいますよね。

10人も出産するという事は、10回もその痛みに耐え、体力も相当必要だったはずです。

50年前というと、今よりも栄養状態は悪かったと思うのですが、その体力はどこからきているのでしょうか?

1つ考えられる要因として、その時代は自給自足の過程も多く女性も農作業などの肉体労働をしなくてはならなかったので、昔のお母さんたちの基本的な体力が現在のお母さんたちよりもあったからだと考えられます。

特に下半身の筋力・骨格がしっかりしていたため、たくさんの子供を出産することができたのです。

そこで、現在のお母さんたちの下半身の筋力不足を解消するエクササイズとして「スクワット」をお勧めします。

スクワットは、下半身の強化を目的とし、特にインナーマッスルである大腰筋を強化できる運動です。

これが、意外と手軽にできるので妊娠中の方にもおすすめです。

はじめは無理をせず、ゆっくりとした動作で行うことが続ける秘訣です。

※医師から安静を指示されている方や早産の恐れのある方、不安のある方は医師の指示に従ってください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

大好きな子供たちに囲まれる生活、大切な事や、楽しいことを毎日少しずつ綴っています。
ABOUT

最新記事