産後の悩みの原因は『骨盤』にある!?

BIRTH

産後は、産まれてきた可愛いわが子との出会いに幸せを感じる素敵な時期ですよね。

しかし、妊娠や産後の急激な身体の変化に悩む時期でもあると思います。

特にほとんどの産後ママが経験する「お腹のたるみ」「骨盤のゆがみ」「産後の腰痛」これらの原因は、骨盤にあることをご存知でしょうか?

お腹のたるみ

妊娠して、お腹の中で赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹の筋肉はどんどん引き伸ばされていきます。

そして出産後、その引き伸ばされていたお腹の筋肉は一気に張りを失い、たるみます。

このお腹のたるみは、産前の服が着れない、くびれがなくなる、体重が戻らない、ズボンのボタンが閉まらないなど、様々な悩みを引き起こします。

お腹の筋肉は本来、元に戻ろうとする力がありますが、妊娠により長い間引き伸ばされると、筋肉自体が伸びてしまい、縮む力を失ってしまうのです。

そこで1つ、例として輪ゴムを想像してみてください。

一般的な家庭にある輪ゴムは、新しい状態だと伸ばしても縮み元の大きさに戻ります。ですが、長い間、引き伸ばされていた輪ゴムは伸びきってしまい、触れるとぽろぽろと崩れ落ちますよね。

この輪ゴムのように、縮む力を失って伸びきってしまった状態、これが産後ママを悩ますお腹のたるみの正体なのです。

そして、このお腹のたるみの根本原因は骨盤にあるのです。

骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみの目安として、足の長さが違うとか、スカートが回る、О脚、X脚など、聞いたことがあると思います。

しかし、実際にはどこの部分がどのように歪んでいるのか、よくわからないですよね。

まずは、ここで「骨盤」の構造について少しご説明します。

骨盤は左右1対の寛骨と、仙骨、尾骨で構成されています。寛骨はもともと、腸骨、坐骨、恥骨だったものが一体化して1個の骨になったものです。

そして、仙骨と寛骨の上部(腸骨)をつなぐ左右1対の「仙腸関節」と左右の寛骨の下部(恥骨)をつなぐ「恥骨結合」という関節があります。

その周りを筋肉と靭帯が支えているのです。

骨盤が「ゆがんでいる」という状態は、実際には「仙腸関節」がアンバランスになってしまった状態のことを言います。

この仙腸関節は、正常な時は3~5ミリ程度動きます。しかし、5~10ミリ程度まで動きすぎてしまったり、反対にロックがかかり固定して動かなくなってしまった状態が骨盤がゆがんだり、開いたと言われる状態なのです。

ではなぜ、仙腸関節が動きすぎてしまったり、ロックがかかってしまうのでしょうか。

それは、骨盤を支えている筋肉のアンバランスや弱りが主な原因になります。

骨盤を支えている筋肉はいくつかあるのですが、その中でも非常に重要な筋肉が「大腰筋」と呼ばれる筋肉です。

要するに骨盤のゆがみや開きを改善させるためには、大腰筋をはじめとする骨盤を支える筋肉のバランスを整え、仙腸関節の動きを正常な範囲に戻すことが重要なのです。

そして、産後の骨盤は、妊娠、出産時に大きな負担がかかってしまった為に、前述した「恥骨結合」(寛骨の下部をつなぐ部分)が開きすぎている状態になりやすく、その影響で、逆三角形であるべき骨盤の形が四角形になってしまいます。

このような状態の場合、恥骨結合を正常な範囲に戻すために、周辺の筋肉である「骨盤底筋群・内転筋群」を強化する必要があります。

産後の腰痛

産後の腰痛は、授乳中や寝ている赤ちゃんを抱きかかえるとき、家事のとき、起床時など様々な場面で経験します。

これら、産後の腰痛の原因は、ほとんどの場合、骨盤や腰椎(腰の背骨)の周りの筋肉や靭帯が弱くなったことが原因です。本来、骨盤や腰椎は安定しているものですが、出産で骨盤を支える筋肉や靭帯が破壊されたことによる「骨盤や腰椎の緩み」が「骨盤や腰椎の不安定」の原因となり、産後の腰痛を引き起こすのです。

そのため、産後の腰痛は骨盤周りを整えて、骨盤を筋肉で安定させることによって改善することが期待できます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

大好きな子供たちに囲まれる生活、大切な事や、楽しいことを毎日少しずつ綴っています。
ABOUT

最新記事