産後に待っている腰痛とは

BIRTH

産後は、退院してくると待った無しで育児や家事が始まります。

里帰りで実家に帰る方もいるかもしれませんが、それでも授乳や赤ちゃんの世話はママの仕事です。

また、兄弟児がいる場合などは寝てばかりもいられませんよね。

体がまだ万全じゃない時から、たくさんのことをこなしていかなければなりません。

可愛い我が子のためと無理をしてしまい、気がつくと腰痛になってしまうという方もいると思います。

そして、腰痛になってしまっても赤ちゃんのお世話は変わらず続きます。

腰を曲げ伸ばしすると痛い、常にズキズキするなど痛みの感じ方や症状は様々です。

もしも、生活に支障がでるほどの腰痛の場合は、ゴムバンドや骨盤ベルトで仙腸関節を固定した方が良いでしょう。

産後は、トコちゃんベルトという妊娠初期から使用できる骨盤ベルトがお腹を圧迫しないのでお勧めです。

また重い荷物を持つなど、腰に負担のかかる動作はなるべく避けます。あまりにも痛みが強い場合は、骨盤矯正を受けることも大切です。

そして痛みが落ち着いたら、歩くことで仙腸関節の周りの筋肉に刺激を与えると、徐々に腰痛は改善され、再発防止にもなります。

もし妊娠前の体重に戻っていない場合、その体重の重みはダイレクトに腰への負担となります。

なるべく早く、妊娠前の体重に戻していくことが大切です。

また、便秘も腰痛を引き起こす原因となることがあります。一見、関係のないように思われますが、便がたまると腸内にガスが発生し、それが腰や背中の神経を圧迫して腰痛を引き起こすのです。

産後は授乳などで、水分不足になりやすいため水分補給をしっかり行って便秘予防に努めてください。

赤ちゃんと過ごすかけがえのない日々を楽しく過ごすためにも、腰痛を予防改善してステキなママを目指しましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

大好きな子供たちに囲まれる生活、大切な事や、楽しいことを毎日少しずつ綴っています。
ABOUT

最新記事