やせるホルモンが増える!タンパク質ダイエット

BODY

本日もようこそ。

高松さやです。

本日は、ダイエットに大切なたんぱく質についてお伝えします。

タンパク質は美ボディのカギ

成人の体で約60%を占めるのは水ですが、次に多いのはタンパク質で、約20%を占めると言われています。

具体的には筋肉、皮膚、臓器、血管、髪の毛、骨、爪などあらゆる体の部分を構成しています。さらに食べ物の消化や皮膚の新陳代謝を助ける働きをする酵素、体の機能維持に必要なホルモンなどもタンパク質から作られます。

人間のたんぱく質には約10万もの種類があり、これらは20種類のアミノ酸の組み合わせにより出来ています。そのうち9種類は人間の体内では作られない「必須アミノ酸」であるため、色々なアミノ酸を含んだタンパク質を摂ることはとても重要になるのです。

体内では、常にいろいろなところでたんぱく質が消費されています。だからこそ、消費された量は適切に補わないと、筋肉の衰えや皮膚、髪の毛など様々なところに影響が出るのです。

美ボディは「タンパク質摂取がカギ」と心得ましょう。

時々、勘違いしている方もいらっしゃるのですが、肉などのたんぱく質は太る原因ではなく美ボディを保つ秘訣なのです。

タンパク質はエネルギーも作り出す!?

それでは、必要なたんぱく質の量とはどのくらいなのでしょうか。

1日に必要なたんぱく質の量は体重によって変わるので、まずは計算式で自分に必要なたんぱく質量を出してみましょう。

そして、肉や魚、卵などの「動物性たんぱく質」と大豆や大豆製品などの「植物性たんぱく質」をバランスよく摂るように意識することが大切です。

タンパク質は様々な身体の部分を作っていますが、エネルギーも作り出すことができます。

低糖質食を続けた場合、たんぱく質からエネルギーを作り出す「糖新生」という仕組みが働くようになります。「糖新生」とは、肝臓が「糖が足りない」と判断するとタンパク質に含まれるアミノ酸を材料に、体内の中性脂肪を燃焼させ、エネルギーとなるブドウ糖とケトン体を生み出すことです。

低糖質ダイエットを行う人はこの仕組みを有効に利用し、たんぱく質をしっかり摂って脂肪をエネルギーに変えていきましょう。

 

本日は以上です。

ここまで読んでくださり、あなたの大切な時間を下さり本当にありがとうございます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

大好きな子供たちに囲まれる生活、大切な事や、楽しいことを毎日少しずつ綴っています。
ABOUT

最新記事