毎日の美ボディ習慣

BODY

本日もようこそ。

高松さやです。

今日も、見てくださり本当にありがとうございます!

 

本日も引き続き、『痩せる癖』についてお伝えしていきますね。

これまでの記事はこちら
▼▼▼

頑張らなくても痩せるカラダ!太り癖ではなく痩せ癖をつけよう

痩せる癖を身につける具体的な方法

 

立つときはお尻を締める

立つときは意識してお尻の穴を閉めましょう。お尻の穴は括約筋という筋肉があります。

ここは、ウエストのくびれに直結する腹横筋と連動しているため、お尻の穴を締める習慣を身につければウエストののシェイプアップにもつながります。また、括約筋を締めることで脊髄が安定して、姿勢を整えることができます。それにより呼吸が深くなり、使えていなかった筋肉が活性化され、代謝が上がり痩せ体質になるということです。

ちなみに、呼吸の深さについては、単に深呼吸をしたら良いということではありません。単純に口から吸った大きな呼吸というのは、実は肺の上方にしか空気が入っておらず、浅い呼吸になっています。深い呼吸とは、しっかりと横隔膜を使って肺全体に空気を入れる呼吸のことを言います。深い呼吸をすることで、美容や健康に絶大な効果を発揮するのでオススメですよ。美容に関する呼吸法については、また改めてお伝えしたいと思っています。

 

隙間時間には常に舌回し

通勤途中やデスクワーク、家事の合間など、人目が気にならないときにやって欲しいのが舌回しです。口を閉じ、歯の表面を舌でなぞりながら時計回りに20回ほど回します。反対側も同様に行いましょう。

この舌回しは、小顔になるだけでなくほうれい線を薄くしたり、シミ・シワの予防や口臭ケアなど様々な美容効果が期待できます。特に朝の時間帯にやるとむくみにも効果的ですよ。

可能であれば1日に2〜3回ほど行いましょう。

マスクを着用できる環境なら、マスクの下で大胆に動かしてみてくださいね^^

 

寝る前に逆ブリッジ

最後にご紹介するのは、逆ブリッジです。

子供の頃には軽々とできていた逆ブリッジ。大人になって、やったのはいつのことでしょうか?大人になってやると意外と難しいものですが、寝る前にやるだけなので、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

やり方は、仰向けの状態から両手両足を床につけてお尻を持ち上げます。両腕と両足の力で体を支え、30秒から1分ほどキープしましょう。

寝る前にベッドの上でやったり、テレビを見ながらやったりなど毎日の習慣に取り入れてみてください。普段使わない筋肉が刺激されて、美ボディ体質になること間違いなしです。

 

いかがでしたでしょうか?

数日にわたり痩せぐせについてお伝えしてきました。

挑戦できそうなものからで良いので、少しずつ日常の生活にとりいれて『痩せ癖』体質になってください。

癖を味方につければ、「痩せられない。」と悩んでいたことが嘘のように痩せる習慣を身につけることができますよ^^

 

ここまで読んでくださり、あなたの大切な時間をくださり

本当にありがとうございます!

それではまた次回♡

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

大好きな子供たちに囲まれる生活、大切な事や、楽しいことを毎日少しずつ綴っています。
ABOUT

最新記事